プロフィール

千葉北おやこみるあそぶ会

Author:千葉北おやこみるあそぶ会
定期的にプロの生の舞台鑑賞をします。
人形劇、舞台劇、音楽、その他、さまざまなジャンルの作品を鑑賞しています。


●子どもの体験活動
あそびの会・子どもキャンプ・おやこキャンプ ・高学年の活動など、異年齢の仲間で思いっきり遊びます。

●子育て支援事業
はっぴいスペース(0歳児~母のほっとスペース)
アクティブキッズ(1歳半位から、未就園児の活動)



千葉市稲毛区長沼町256-44
TEL043-250-4120
連絡先はこちら
mai.mei☆softbank.ne.jp
☆を@に変えてね

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

雨が降ったりやんだりの微妙なお天気の中参加して頂きありがとうございました。

今日のおやつはのりちゃん作イチゴのムースのケーキです。



ママのケーキを狙っている子もいましたよ~



イチゴののっかているケーキは子どもにも魅力的でした



そしてスタッフによる絵本の読み聞かせ



絵本を読んでくれた保健師Kさんは海外での子育て経験があり、いろいろな子育ての相談にのってくれるとっても頼りになる先輩ママです。

まだ9カ月のハイハイ期の赤ちゃんがこんなに絵本を見ていました。



写真を撮っていると・・・にゅっと登場してくれました!



僕のこと撮って!という感じでしょうか?

可愛いですね



絵本の後はみんなで自己紹介をして交流しました

それではまた来月ごきげんよう さようなら



次回は6月5日です。

参加希望の方はおやつの関係で予約をお願いしております。

詳しくはお問い合わせください。



お問い合わせ

とびっきりの子ども時代を

千葉北おやこみるあそぶ会

241-1142

(だいたい月曜・木曜は事務所にスタッフがおります)

続きを読む
スポンサーサイト



今年もやりました!!芋の苗植え

新緑の「百万本こもれびの里」





新緑が太陽の光をうけキラキラしていて、風は花や草や土や田んぼのにおいをはこんでくれます。

ここにいるだけで癒されるという素敵な場所です。



さて、今回は秋の収穫を目指して芋の苗を植えます。

収穫した芋で芋ほりや焼き芋パーティーをするのでみんな頑張って



地元のおじいちゃまのご指導により、高学年のお姉さん、参加のパパさんによって畑を耕し、芋苗植えの準備が進められました。

マルチ作業(畑を耕しふわふわにした土に黒いビニールを張る作業)は農作業をしたことのないパパたちにとって

大変な作業だったようです。みなさん汗だくでした



その間、小さな参加者さんたちはなんと!!こんなことをしていましたよ



竹林の中を探し回って朝からたくさんの筍を収穫

子どもたちが筍の山を見て大歓声!!

みんなで皮をむいてスープの材料として下準備します。



地元のおじいちゃまによって、筍の皮のむき方やおいしい部分を教えてもらう高学年のお姉さん。

お姉さんの特権で包丁が与えられました!

みんなでむいた筍の皮がすごくて記念撮影!





ゆであがった筍の量もものすごいことになりました





さて、一仕事したようで、今日の目的がまだ果たされていませんよ!!

これからはいよいよ芋苗植えです。

まずはもじゃまるさんから芋苗植えの説明!



①苗を植えるための穴を細い竹を使ってあけます。土に対し45度にすっと差し込み、そっと抜きます。



②苗の3節目ぐらいまでをその穴にそっと入れます。



③そして土に埋まっているであろう部分をギュッとひと踏み!



④軽く引っ張って、きちんと土に埋まっているかを確認する!!

これが一番大事!!

埋まってなければ芋はできませんよ~

もう一度やり直しとなります!

作業が終わったらみんなで万歳三唱

「秋にはたくさんのお芋ができますように!」とみんなで念をこめて畑を後にしました。



さあ、これで二仕事終わりました

でもまだまだ今日は終わりません~

子どもたちによる餃子パーティー?





みんなで160個の餃子を作ります!

1歳の子どもも一緒に作ります。

自分の兄弟ではなくても自然にみんなで教え合ったり突っ込みあったり

楽しい時間となりました。



こんな餃子の山が3つほどできました。

今日は水餃子にしますよ~



ちゃんとみんなで皮をむいた筍もお汁に入ってます



おいしい~の大歓声

そうでしょ!そうでしょ!

今日はかなり盛りだくさんの活動でした!



地元の方からのイチゴの差し入れがあり、こもれびの里のおばさんから手作りの沢庵があり

心もお腹も満腹です。



そして子どもたちは田んぼにいるカエルをたくさん捕まえ、大人たちは筍をたくさんお土産にもらい帰路につきました。めでたしめでたし!



さて、一つ解説が必要です!

なぜ餃子を子どもたちに作らせたのでしょうか?

それは次回の幼児鑑賞会が「いかりのギョーザ」だからです!

観劇の前に餃子作りを経験し、経験値をあげ気持ちを上げ

5月25日の観劇会にいざ!!!という感じになりましたでしょうか?

楽しみがまだまだ続きますね



5月26日  1時半開演



稲毛イオンホール



いかりのギョーザ




親子ペア券があり、会員でなくても鑑賞できます。

ぜひ興味のある方はお問い合わせください




お問い合わせ

とびっきりの子ども時代を

千葉北おやこみるあそぶ会

241-1142

(だいたい月曜・木曜は事務所にスタッフがおります)





続きを読む
// ホーム //