プロフィール

千葉北おやこみるあそぶ会

Author:千葉北おやこみるあそぶ会
定期的にプロの生の舞台鑑賞をします。
人形劇、舞台劇、音楽、その他、さまざまなジャンルの作品を鑑賞しています。


●子どもの体験活動
あそびの会・子どもキャンプ・おやこキャンプ ・高学年の活動など、異年齢の仲間で思いっきり遊びます。

●子育て支援事業
はっぴいスペース(0歳児~母のほっとスペース)
アクティブキッズ(1歳半位から、未就園児の活動)



千葉市稲毛区長沼町256-44
TEL043-250-4120
連絡先はこちら
mai.mei☆softbank.ne.jp
☆を@に変えてね

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

今回のはっぴぃスペースにはまたまた新しい人が参加してくれました。

ありがとうございました

その中の一人に2か月ほどの赤ちゃんがいるということで、スタッフ一同楽しみに待っていました。

みんな抱っこしたくてウズウズ



参加者の皆さんが楽しく交流でき、スタッフの子育て先輩ママに育児の相談をしたりとそれぞれに楽しく参加して頂けたようでよかったです。



おやつはのりちゃんが豆を一粒一粒潰したというずんだとゴマのあんこの和菓子





自己紹介もできてゆっくり交流できました。

お楽しみの絵本タイム



詠んでくれるのは、保健師のスタッフKさん。

自分の大変な子育て経験もあり、頼りになる先輩ママさんです。

なぜかKさんが絵本を読むとシーーーンとなりました。

ハイハイ期の赤ちゃんもじっと絵本を見つめているではありませんか!!

あまりに会場がシーーーンとなったので、調理室に居たマイミーが「どうした?」と心配になり和室へ様子を見に来てくれました。

1歳にならない赤ちゃんでもこんなに集中するんですね。

びっくりしました~



次回のはっぴぃスペースは7月3日(木)です

おやつタイムは11時~

会場は10時から入れます

場所 小中台(詳細は申し込み時)



おやつタイムの後に自己紹介をしたり、絵本を読んだりする時間もあります。

乳幼児のママたちにゆっくり交流してもらい、

おいしい手作りのおやつでほっとしてもらうことを目的に開催しております。



ぜひ遊びに来てください

おやつの関係で予約制になっております。

お問い合わせ

とびっきりの子ども時代を

千葉北おやこみるあそぶ会

241-1142

(だいたい月曜・木曜は事務所にスタッフがおります)



続きを読む
スポンサーサイト



今日は外あそびの予定でしたが、あいにくの雨

でも、お部屋で楽しく遊びました!



梅雨のイライラを新聞紙で発散!!

みんなでびりびりしちゃいました。





ちょっとストレス発散できたかな?

次はちょっと頭と手を使った遊びです。





わっかに紐をとおして遊びました。

みんな真剣!!

ずっとやっている子もいましたよ。



おやつのおにぎりタイムが待ち遠しいくらい遊べたかな?



次はみっちゃんのほっとぬくぬく遊びです。

お楽しみに~

続きを読む
6月8日総会終了後、第2回全大会が開催されました。



班名を決め、シンボルとなる旗作りをしました





朝のつどいでやる体操をみんなで練習したり、ゲームをしての交流

キャンプが楽しみになりましたね!!



第1回の全大会の後日談をはなちゃんから頂きました(広報掲載文)



キャンプ全大会の後、家で、大声で「しゅーごーうー!」とリョーくんが叫んでいました。どこかで聞いたことあるな。

これは、トロンのマネをしているのでした。気分は、みんなをまとめる青年になっています。



また別日には、公園で幼稚園の友達と小学校低学年の子と、リョーくんが鬼になり、だるまさんが転んだをしていました。

どうやって始まったか見ていなかったのですが、みんなをまとめられたのかな?

青年はリョーくんの憧れ。ちゃんと吸収して自分のものにしています。昔、ギターのハセボンの物まねもしていたなぁ。

なんだかリョーくんのこれからが楽しみになったひと時でした。

青年は、親よりも子どもたちに近いからなのか親とは違う関わりができて、すごいなぁ。改めて、今年のキャンプもよろしくお願いします。



続きを読む


司会を務める青年のハセボン

青年のハセボンとトロンがいるおかげで、子どもたちはテンションが上がりました



毎年子どもたちの成長が見られる総会で、今年もまた子どもたちにたくさんのエネルギーをもらいました。

2013年度の活動報告で、「ジンさんのマジック教室」に参加したケイトくんによってマジックを披露



マジック成功



親子キャンプの報告をするリーダーの子どもたち



みんなで作った班のシンボルを持って、思い出を話してくれました。

親子キャンプは4歳から小学校3年生が対象のプログラムです。

この二人は4歳から参加し続けて、去年は3年生でリーダを務めました。

虫を追いかけまわし自由気ままに参加していた幼稚園時代と違って、

みんなをまとめ先頭に立ち活動する姿に

スタッフ一同感動しました



そして、親子キャンプが開催されている間、高学年も「お泊り会」を開催していました。

自分たちで献立を決め、スケジュールをきめ、お小遣いも管理できました。



銭湯に行ったり、幕張メッセのイベントに行ったりとたくさんの思い出ができたようです。



去年度の報告はとても盛りだくさんで、総会参加者全員にコメントを頂きました。



継続して生の舞台を見続けること、友だち・仲間と一緒に体験すること、高学年になって自分たちで考え実行すること、様々な活動の中でお互いの性格や特徴を感じて丸ごと受け止める仲間集団、大人集団たち。

とってもステキであったか~い人と人とのつながりが、私たち千葉北おやこみるあそぶ会の誇りです。



総会が終わった後は恒例のみんなで1品持ち寄りのバイキングランチ



今年も絶品の料理が並びました~



アレルギーの子どもが会員にいるので、今年はみんな成分表を料理に着けてくれました。

アレルギーの子どものママより

「皆さんのおかげで楽しく参加できました」とのことでした!





お皿いっぱい好きなものをのせました!!



今年度もみんなで

「二度と来ない子ども時代を!!」

「とびっきりの子ども時代を!!」

楽しく過ごしましょう~



続きを読む
今回のはっぴぃスペースは初参加のかたがいらっしゃいました

新しく越してきた稲毛で、お友達ができるといいですね~

帰りに「楽しかったです。また参加します!と言って頂きスタッフみんな嬉しかったです

また次回お待ちしていますね!



そして今回のはっぴぃ開催で新しいスタッフが2名誕生しました



3月にアクティブキッズを卒業したばかりのママたちが、スタッフとして参加してくれることになりました。



終わった後に感想を聞いてみると、

はっぴぃスペースに自分が参加しているときのことを思い出しましたとのこと・・・

生後4か月の娘を連れてきていたな~

自分の子どももこんなにちいさかったんだな~

などなど・・・いろいろ思い出したようですよ



これからもスタッフ、参加者みんながはっぴぃになれる場所でありますように



はっぴぃスペースはおやつの準備などのため、予約制になっております。

第1、3木曜 10時から12時(ママのティータイムは11時)

小中台にて


場所など詳細はお気軽にお問い合わせください。



千葉北おやこみるあそぶ会

241-1142

(だいたい月曜・木曜は事務所にスタッフがおります)



続きを読む
幼児鑑賞会 「いかりのギョーザ」が5月25日稲毛イオンホールで開催されました。

千葉北おやこみるあそぶ会からは、まず受付で4人の子どもたちが活躍してくれました。



入場する人のチケットをハサミでカットして、アンケートを配り回収します。

そしてみんなで観劇します。



「いかりのギョーザ」は怒りによってフライパンにメラメラ火がつきます。

怒っている人にしか作れないのですが、ギョーザを食べると不思議!!

怒りは忘れて幸せな気分に

おいしくてもっと食べたくてももう怒りはないので、だれか怒っている人を探して餃子を作ります。

そして餃子ができるとみんなで幸せに・・・



最後は誰も怒っている人がいなくなり、みんな楽しく幸せな気持ちになります。



観ていたママたち、みんな今日は餃子にしようかしら・・・なんて思ったでしょ?



人形劇が終わると、代表で子どもたちから劇団の人へプレゼントを渡します。

餃子のラッピングでとっても可愛いプレゼントでした

見とれて写真を撮るのを忘れていました

餃子ラッピングの中はお菓子だったそうです!



さて、まだまだ終わりません!

劇団の方からお返しに人形劇ワークショップが始まりました。

本物の人形を使って、餃子の焼けるシーンを子どもたちが再現します。





怒りでメラメラ火がともるシーン!

激しく、怒りを表現してくださいね~



ふたをして、みんなに期待を持たせて~

うまくできるかな?



はい!!おいしくこんがり焼けました~



上手にできましたね

前に出てくれた子どもたち、とっても上手でした。



千葉北おやこみるあそぶ会の観劇会はただ劇を鑑賞するだけではありません。



事前に子どもたちが興味を持つように餃子作りをしたりワクワクする気持ちを育て、みんなで鑑賞会を楽しみに待ちました。

そして当日は、子どもたちに受付やプレゼント係りなどお仕事をしてもらい活躍してもらいます。

また、ワークショップなど、今回は代表の子どもたちが前に出て人形劇を体験してもらいました。



人前で活躍できたこと、鑑賞会を運営したことは、きっと子どもたちにとっていい経験になったと思います。



人形劇の主役たちと記念撮影















続きを読む
// ホーム //